8

京都府後期高齢者医療広域連合

保険料>保険料の例

制度の概要
保険料
給付
広域連合の概要
広域連合議会
お知らせ
関係資料
リンク集
 

保険料

保険料の例

 

令和2・3年度保険料
具体的な保険料のケース事例について

年間の保険料=

 均等割額 + 所得割額{(総所得金額等−基礎控除額(※))×9.98%}
(53,110円)

(※)令和2年度は33万円となります。


75歳以上の単身世帯の場合

〜ケース1〜 
年金収入80万円以下(その他の各種所得がない)の場合
(所得金額は0円)

平成31年度(令和元年度)
令和2年度
均等割額
9,578円
(8割軽減が適用)
15,933円
(7割軽減が適用)
所得割額
0円
0円
保険料年額
9,578円
15,933円

 

〜ケース2〜
年金収入120万円の場合(所得金額は0円)

平成31年度(令和元年度)
令和2年度
均等割額
7,183円
(8.5割軽減が適用)
11,949円
(7.75割軽減が適用)
所得割額
0円
0円
保険料年額
7,183円
11,949円

 

〜ケース3
年金収入180万円の場合(所得金額は60万円)

平成31年度(令和元年度)
令和2年度
均等割額
23,945円
(5割軽減が適用)
26,555円
(5割軽減が適用)
所得割額
25,353円
{(60万円−33万円)×9.39%}
26,946円
{(60万円−33万円)×9.98%}
保険料年額
49,298円
53,501円

 

〜ケース4〜 
年金収入210万円の場合(所得金額は90万円)
 
平成31年度(令和元年度)
令和2年度
均等割額
38,312円
(2割軽減が適用)
42,488円
(2割軽減が適用)
所得割額
53,523円
{(90万円−33万円)×9.39%}
56,886円
{(90万円−33万円)×9.98%}
保険料年額
91,835円
99,374円

 

〜ケース5〜 
年金収入300万円の場合(所得金額は180万円)
 
平成31年度(令和元年度)
令和2年度
均等割額
47,890円
(軽減はなし)
53,110円
(軽減はなし)
所得割額
138,033円
{(180万円−33万円)×9.39%}
146,706円
{(180万円−33万円)×9.98%}
保険料年額
185,923円
199,816円

 



75歳以上の夫婦二人世帯の場合

〜ケース1〜 
夫の年金収入80万円
妻の年金収入80万円(所得は夫婦とも0円)

 
平成31年度(令和元年度)
令和2年度
均等割額
夫: 9,578円
妻: 9,578円
(8割軽減が適用)
夫: 15,933円
妻: 15,933円
(7割軽減が適用)
所得割額
夫: 0円
妻: 0円
夫: 0円
妻: 0円
保険料年額
夫: 9,578円
妻: 9,578円
夫: 15,933円
妻: 15,933円

 

〜ケース2〜
夫の年金収入120万円
妻の年金収入80万円(所得は夫婦とも0円)

 
平成31年度(令和元年度)
令和2年度
均等割額
夫: 7,183円
妻: 7,183円
(8.5割軽減が適用)
夫: 11,949円
妻: 11,949円
(7.75割軽減が適用)
所得割額
夫: 0円
妻: 0円
夫: 0円
妻: 0円
保険料年額
夫: 7,183円
妻: 7,183円
夫: 11,949円
妻: 11,949円

 

〜ケース3〜
夫の年金収入180万円
妻の年金収入80万円(所得は夫60万円、妻0円)

 
平成31年度(令和元年度)
令和2年度
均等割額
夫: 23,945円
妻: 23,945円
(5割軽減が適用)
夫: 26,555円
妻: 26,555円
(5割軽減が適用)
所得割額
夫: 25,353円
[{(60万円−33万円)×9.39%}
妻:       0円
夫: 26,946円
{(60万円−33万円)×9.98%}
妻:       0円
保険料年額
夫: 49,298円
妻: 23,945円
夫: 53,501円
妻: 26,555円

 

〜ケース4〜
夫の年金収入210万円
妻の年金収入80万円(所得は夫90万円、妻0円)

 
平成31年度(令和元年度)
令和2年度
均等割額
夫: 23,945円
妻: 23,945円
(5割軽減が適用)
夫: 26,555円
妻: 26,555円
(5割軽減が適用)
所得割額

夫: 53,523円
{(90万円−33万円)×9.39%}
妻:      0円

夫: 56,886円
{(90万円−33万円)×9.98%}
妻:      0円

保険料年額
夫: 77,468円
妻: 23,945円
夫: 83,441円
妻: 26,555円

 

〜ケース5〜
夫の年金収入300万円
妻の年金収入80万円(所得は夫180万円、妻0円)

 
平成31年度(令和元年度)
令和2年度
均等割額
夫: 47,890円
妻: 47,890円
            (軽減はなし)
夫: 53,110円
妻: 53,110円
(軽減はなし)
所得割額
夫: 138,033円
{(180万円−33万円)×9.39%}
妻:       0円
夫: 146,706円
{(180万円−33万円)×9.98%}
妻:       0円
保険料年額
夫: 185,923円
妻:  47,890円
夫:199,816円
妻: 53,110円




子と同居し、子が世帯主の場合

営業所得390万円の子(50歳)と同居している75歳以上の夫婦の場合
【夫の年金収入120万円、妻の年金収入80万円で世帯主は子】

 
平成31年度(令和元年度)
令和2年度
均等割額
夫: 47,890円
妻: 47,890円
(軽減はなし)
夫: 53,110円
妻: 53,110円
(軽減はなし)
所得割額
夫:      0円
妻:      0円
夫:      0円
妻:      0円
保険料年額
夫: 47,890円
妻: 47,890円
夫: 53,110円
妻: 53,110円
    

(注1)平成31年度(令和元年度)は特例措置により8割軽減されましたが、令和2年度は7割軽減になります(本則にもどる)。

(注2 )平成31年度(令和元年度)は特例措置により8.5割軽減が行われてきましたが、令和2年度は7.75割軽減になります(本則は7割軽減)。

 

被用者保険の被扶養者であった方の場合

 制度加入の前日まで、会社の健康保険や協会けんぽ、共済組合の被扶養者であった方は、当分の間、所得割額はかかりません。また、均等割額は資格取得から2年間に限り5割軽減されます(国民健康保険や国民健康保険組合の加入者は該当しません) 。
 
平成31年度(令和元年度)
令和2年度
資格取得から2年間

5割軽減

(年額23,945円)

5割軽減

(年額26,555円)

資格取得から3年目以降

軽減なし(本則)

(年額47,890円)

軽減なし(本則)

(年額53,110円)


(注1)年度途中に2年間を経過される方については、それまでの期間を月割で保険料算定します。

(注2 所得の低い方については、「所得の低い方の軽減措置」(「軽減」ページ参照)により、所得の合計に応じて均等割額が軽減される場合があります。

 

 

京都府後期高齢者医療広域連合 事務局
〒600-8411 京都府京都市下京区烏丸通四条下る水銀屋町620番地 COCON烏丸5階
電話: 075-344-1202(代) FAX: 075-344-1251

Copyright (C) 2007 京都府後期高齢者医療広域連合 All rights reserved.